実際にクレジットカードのキャッシングを利用しているのは20歳以上の人口の約7人に1人といわれています。この利用率を高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、最近のクレジットカード所持率から考えると、思いのほかカードを持っていてもキャッシング経験が無い人も多いのだと気づきます。それというのも、キャッシング利用者数は圧倒的に男性の割合が多く、女性は少ないのが現状です。

もちろん近年はレディースローンなどの登場で女性のカード利用やキャッシング利用も増えてきているため、今後はさらにキャッシングサービスの利用が一般的になっていく可能性は高いでしょう。総利用者のなかでも年代別で見ると20代の方たちの利用率が最も高く、次いで30代となっています。基本的に年齢が上がるにつれて利用率は下がってくる傾向になっていることから、特にまだ収入が低い若い層にとってありがたいサービスであることがわかります。

ちなみに、キャッシングを利用している方たちの職業はサラリーマンやOLのオフィスワーカーをはじめ、自営業の方や、なかには学生の方もいらっしゃいます。ところでこのキャッシングサービスですが、カードを持っていない状態から即日で契約してサービス利用もできるものなのでしょうか?

Comments are closed.